「世界を回して」 シャーロットの贈り物

10月≪ 11月/123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TRPGでサイコロを振ろう

ここまでくると今度はサイコロを振る話
TRPGでおしゃべり以外ではもっとも行う行為
それがサイコロを振る!っだ(えらそうに断言)

さてそのサイコロ振りも人によってさまざま
そして微妙な問題にも注意してみよう

まずサイコロ振りといえばイカサマだ!
あ いきなりこんな悲しい話 ここは忘れて普通の話に、
よいこのTRPGっ子はしちゃだめだよ~

という事でサイコロ振りで気になるのはアクシデントによる振りなおしだ
だいたい2パターン
1つは振ったサイコロがテーブルから落ちる
もう1つは振ったサイコロが平面で止まらず出目がよくわからなくなる だ

さてこのテーブルから落ちるサイコロ
よくよく観察してみるとその落ち方には法則?がありそうだ
まずは重力のもn   ウソです
よくよくみると振るとき実は振っていないって事
そうゆう人は上から落とすようにサイコロを振ってて自分の手前で
放射線状に散乱  もちろん手前に飛んできたサイコロは次々と
テーブル外へ落ちていく  というヤツだ
IMGP1666.jpg

これを回避するにはテーブルの中心(内側)に向かって投げるように
お願いするしかない
外側に向かうサイコロの移動先を変えるのだ
IMGP1667.jpg

そんな事いちいちいわなくても
とは思うのだが(特にはじめての人に振り方レクチャーとかいらない)
しかし悲しいながら何度も起きるとテンポが悪くなるのも事実
ここはやんわりとサイコロの振り方を「ためしてもらおう」
こーやれあーやれ次は殺す!  ではダメ
言い方に注意だよ!

もう1つの問題 絨毯の上で振るとか
なにかに当たってサイコロが乗り上げて出目がよくわからないというやつ
これは先ほどの落ちた問題と結果は重複する

振りなおす だけでしょ?

と思うなかれ
問題は振りなおす方法なのだ

これはやたらと人によって違うので
注意が必要だ
落ちても出目は採用
出来るだけ上に向いてた出目
落ちたやつだけ振りなおし
落ちた落ちていない全てのサイコロの振りなおし

これまたやたら細かい話になるのだが
この問題解決方法は
人によって違う  という問題がある
いきなりゲーム前にいうのもキビシイけど
落ちたときはゲームマスターがそのときどうするか言って
その後はその方法で統一したほうがいいだろう
「今回は落ちたら落ちたやつだけ振りなおし  ね」とか

しかし時は21世紀
人類は恐ろしい物を作り出してしまった
人類の英知を結晶した いや人を超えたオーバーテクノロジー
その名も

ダイスタワー

IMGP1670.jpg

上から放り込んで下から出てくる悪魔のテクノロジーだ!

これさえあれば落ちるどころか所定の位置で必ず出てくる
でも
でも

実は使いづらい

やたら場所も取るしいちいちカラカラとうるさい
しかもこんなモンに金をかけるのか?という問題もある

丁半バクチで使いそうなカップやコップでは?
となるが複数のサイコロでは重なってしまうという問題も発生する

最近有名?なのはダイストレイだ

IMGP1668.jpg

いろんなのがあるがわかりやすく言ってしまえば
箱を用意して振ってしまえばいい
IMGP1672.jpg

これでテーブルから落ちない!
やっほ~~これでミレニアム問題も解決だぜ~(なにそれ?)

しかしこれには新たな問題が

IMGP1669.jpg

み  みえね~~

そうサイコロが端にいっちゃうと他人から(振った人は正面にいるから多分みえてるはず)
みえないのだ!
これは自分もみえて他人も見えて一喜一憂作戦が失敗に陥る可能性も。
しかし落ちるより いいか

落とさないように振れれば問題ないんだけどね

サイコロを振るだけなのになかなか考えちゃうでしょ

考えすぎかな~


プロのサイコロ振り師とか
どこかにいるに違いない

コメント

コメントの投稿


管理者にだけOK

トラックバックURL

HOME

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
プロフィール

RAMPLING

Author:RAMPLING
のんびり趣味を書き連ねる
ダラダラブログです。
最近はあまり眠れない

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。