「世界を回して」 シャーロットの贈り物

10月≪ 11月/123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あなたに似た人

よく人に「なんかオススメあったら教えて」と尋問っぽく聞く事は多い
自分の読みそうなもの以外のジャンルを読むチャンスだと思い読むのだが
トーゼンながら自分の好みと違うのが多いのでなかなか
「あたり」がこない(他人に聞いといてひどい話だ)

じゃあお前は1冊だけなにか聞かれたらどーするという話

本当に好きな本は上記の逆の理由で受け入れられないのは
間違いないので置いておき(言う人にはってるが。)
とりあえずこーゆーのが好きなんですとアピールできる鉄板小説?としての
オススメは・・・。



あなたに似た人

チャーリーとチョコレート工場で聞いた人もいるかもしれないが
ロアルド・ダールの短編集だ

いろいろなジャンルな物を書いているが
ブラックな内容な物も多く 多作っぷりにすこし困惑するタイプ

あなたに似た人を今アマゾンで見ると2冊に分冊されていて驚いた
トーゼン表紙も変わっているのだが。
個人的には昔の黒い抽象的表現のヤツが好き

今の小説みたくたくさんのことを高速で伝えてる感じではなく
まだのんきな書き方の時代のちょっと怖い話が20個ぐらいのっている

ネット全盛期の昨今だとこの手の推理小説っぽい話を検索している人は
かならず聞いて聞いたことがある話が多い

自分の娘の結婚を賭ける富豪のワインテイスティングの話 「味」

アガサクリスティやクイーン時代の推理小説を小ばかにしている感じの
「おとなしい凶器」

多分これが一番有名だろうけどある大富豪と自分のライターが
10回連続火が付くか賭ける「南から来た男」

どこから聞いた事がある話が盛りだくさん
もちろんこれがオリジナルなんだけどね

いまの細かく書きすぎて結局一体何を書いているのか解からない本に疲れた
あなたに直球勝負! 

ちなみに
短編集のメイン題名は基本作者や出版社押しの短編名が
付いているのが多いと思うが「あなたに似た人」という短編はない
日常に潜む何か(読んで感じて見てください)を
自分に感じる?短編集 あなたに似た人

コメント

コメントの投稿


管理者にだけOK

トラックバックURL

HOME

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
プロフィール

RAMPLING

Author:RAMPLING
のんびり趣味を書き連ねる
ダラダラブログです。
最近はあまり眠れない

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。