「世界を回して」 シャーロットの贈り物

12月≪ 01月/12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1月28日(土)ボードゲーム会

今回は公共施設を借りてのボードゲーム会
13:00~21:00まで
メンバーは おるのん G君 むう君 RAMPLINGの4名

一番狭い和室を借りても人数が少ないのでゆったりすぎるぐらいの
スペースでの開催

おるのん G君 RAMPLING

トーレス

IMGP3201.jpg

アクションポイント制ゲームのメジャー作品
砂嵐で失われた国の復興と王位継承の3年間

毎ラウンド5ポイントを使ってのプレイなのだが運要素は1ポイント使っての
アクションカードの内容のみなので計画性が非常に必要
単独での得点獲得のみでの勝利は難しいので程よく他人を利用(協力)
しながらのプレイをうまくいかせるか。
ちゃぶ台をどんどん積んでいってのプレイは圧巻だが
してやられた時の衝撃もでかくなる。

おるのん君が暫定トップのG君の得点源をわずか1ポイント使うことで
ずばり息の根を止めたスキにRAMPLINGの逃げ切り勝利

やっぱりトーレスは新版の冷たい感じよりこっちの
ほんわかアートワークの方がいいよね


アルハンブラ

IMGP3202.jpg

最近なんかよくやってるイメージがある。
アルハンブラ宮殿をいろんな種類の紙幣を使っての建設

個人的には最近のデッキ系みたいになんだか他人とのかかわりが
少ないタイプのゲームがなんともいいがたい感じなのだが周りには好評

外壁にこだわりまくったRAMPLIMG(外壁で20点!)をよそに
G君 おるのん君の同点勝利
まあカードゲームっぽくお手軽に出来るのがウリかな


イスファハン

IMGP3203.jpg

イスタリのダイスゲーム
毎回あっという間に終わるというプレイ感
ダイスマネージメントがカギなのだが今回はシンプルに
街の作りあい。まあ3人プレイなのでキャラバンプレイはしずらいなあ
クレーン等を早めに手に入れたRAMPLINGがそのまま逃げ切り


プエルトリコ・プレミア版

IMGP3204.jpg

終始ニガテといいながら終わってみるとG君のぶっちぎり勝利
あいかわらず何で勝ったか負けたかよくわからないゲーム

ケイラス等のプレミア版がでているゲームって結局オリジナル版のほうが
プレイしやすい傾向な感じがするのだがこれも同じ感じかな
船の形、素材がコンテナなってる、コインが金属等プレミア感満載
得点チップの裏面が小手先的に色を複数あるところ芸が細かい
日本語タイルが普及している中慣れてないので対訳表とにらめっこプレイ
なれてないとプレミアの雰囲気を味わえない困ったタイプ


G君退出 むう君登場
エリアマネージメントのシンプルゲーム「オリゴ」をプレイしようとするが
ルールを全く覚えておらず自家製インストもさっぱりみてもわからず
まるで初プレイな感じにおちいったため準備段階で中断


ラー

IMGP3205.jpg

太陽神ラーを称える競りゲーム
数字が少なくても大きな数に競り勝てる不思議な競り感覚が売り
最近コルレットが好きな人はこのゲームもウケがいいのでは?
とおもいお試しプレイ  だったが結局2回プレイ

1回目は得意の消極的プレイで惨敗
2回目は超積極的プレイが裏目に出て惨敗
はっきりいっていいとこなしなラーでした。
勝者は1・2回目ともにむう君


ゲーム会後はファミレスでゲーム論

参加者のみなさん
おつかれさまでしたー


スポンサーサイト

カンファネンスチャンピオンシップ

まさか・・・の結果?


レイブンズ@ペトリオッツ

ギリギリのいい試合だがイニシアチブはレイブンズにあったのは
異論のないところでしょう。
プロボウル級のキッカーが普通の距離を外す
まさしくチャンピオンシップらしいサプライズ
アメリカでしたくない仕事のネタに使われることだけはある。
ギリギリ逃げ切ったペイトリオッツが結果的にはみんなの
思ってる結果を導く
いい試合だった。


ジャイアンンツ@49ers

まさかの結果、パッカーズ、49ers,セインツとは思うだろうけど
まさかジャイアンツなんてだれも思ってなかっただろう
ほんとやってみないとわからないよね
それにしても49ers....ココまできたのに....。
まさかのコフリンがスーパーボウルへ



ちょっぴりニュース

ジェッツのOC、ショッテンハイマーがフィッシャーのラムズへ
親父もよかったけど息子もいいコーチになったなあ~
マーティボールとか変なあだなつけられないようにしなきゃね
逆にちょっとジェッツ心配

マニング(アニキのほう)の去就が注目されてきた
ガタガタのコルツをでて別チームに行くというもの
マイアミとかはいただきだぜ~とか早くも争奪戦
スーパーボウルはまだだけど他のチ-ムは来シーズンに向って
暗躍中、どうなる?





みんはじ 1月22日(日)

みんはじ 1月22日(日)

午後の部からボードゲームをプレイ

ロストシティ

IMGP3194.jpg
クニチィア先生の2人用カードゲーム
ご存知ケルトの元ネタ。

今日はメンツをコロコロと変えながら3回プレイ
カンタンながら悩ましい、いいカードゲーム
最後の1プレイはなんと1点差・・・・・
がっかり

ゾンビリーバボー

IMGP3196.jpg
お手軽カードゲーム  だけどちょっとお手軽すぎ?

2回プレイ
初期配置からの頑張りがミソで最初耐えれないと文字どうり
あっという間にゲームが終了する。
何気に2歩あるけるゾンビ強い
警察側が2回とも食い殺される結果に


まど☆マギオン

IMGP3197.jpg
うまくいってるつもりでも結果は大敗退
まさかの11点・・・・・
あれれ?


ラングフィンガー

IMGP3198.jpg
過小評価されてる感もあるゲーム、面白いよ?

ワーカーなんちゃらのお手軽版
ちっちゃくても大人だもん!な感じのゲーム
泥棒→道具→お宝→換金→ウハウハ な流れ

序盤からお宝ボーナスでうまく捌き続けたRAMPLINGの
逃げ切り勝利


ハイソサエティー

IMGP3199.jpg  IMGP3200.jpg

セレブ自慢の競りカードゲーム
新版・更には日本語版発売と目立つ作品ながら
個人的にはこの旧版の「いかにもイケてない」感がステキ

資産を使ってセレブなアイテムを手に入れての得点計算なのだが
ゲーム終了後もっともお金を使ってしまった人は即失格という
成金とセレブの差を見せ付けられるゲーム

資産2倍カードを執拗に追うハイエナセレブ RAMPLING
確実資産家 口車の弥七 両名を押しのけ
最後に真のセレブリティを見せ付けたウインスレットの勝利

参加者の皆さんお疲れ様~



口車の弥七大先生この度はお土産からゲーム更には
ご飯や送り迎えまでありがとーでした。
先生のお家には足を向けて寝ら・・(ヨイショ発言のため以下略)

ホント久しぶりだよね
またねー

カンファネンスチャンピオンシップ

セインツ@49ers

久しぶりのプレーオフ登場の49ersが
キャンドルスティックパーク(この呼び方だよね)での戦いを制し
とうとうチャンピオンシップまでたどり着く
セインツ、ブリーズの最後のプレイ、何故ヘイルメアリーパスとかじゃあ
ないの?NFL暗黙のルールなのか?この最後のプレイで試合内容が
あまり思い出せない。なぜ?


ブロンコス@ペイトリオッツ

スタッツ以上の結果でココまでたどりついたなり上がり者が
本物の前に違いを恐ろしいほど見事に魅せつけられた試合。
ベリチェック恐るべし・・・・
バックポジションにTEいるんだもんな

しれーとカットされたマクダニエルスをOCとしてもどす裏技
さすがベルチェック


テキサンズ@レイブンズ

勢いで勝つと思われたが地道な好チームレイブンズの前に倒れるも
今年のチーム作りから見るとテキサンズの来年が楽しみですなあ

フラッコあのヒゲなに?海賊?


ジャイアンツ@パッカーズ

まさかの展開
シーズン中の輝きは全くみられずいいとこなし
何この試合?グリーンベイは叩かれて当然の試合をしてしまう
数人はカットされてもおかしくないプレイ、まさに最悪だった
パッカーズの敗戦で久しぶりのツインピークス対決ならず。
それにしてもコフリン、チャンピオンシップまできてしまった。
ほんと長生きだなあ。


カンファネンスチャンピオンシップ

ジャイアンツ@49ers

ここまできたら気分は49ersかな?
ジャイアンツはパッカーズを実力で倒したとは言いがたいし
チームもトータルパッケージもちょっと違うしね


レイブンズ@ペイトリオッツ

レイブンズディフェンスがペイトリオッツを止めれるかという
おなじみの展開、と思うけど個人的のはレイブンズの地味に強い
ランオフェンスをペイトリオッツディフェンスがとめれるかがカギと
思ってますがはたして。



ちょっぴりニュース

マクダニエルスがシーズン中にペイトリオッツに復帰。この裏技に
非難続出。グレイな所をズバリとしちゃうトコがベルチェックらしい

ジェフ・フィッシャーがラムズHCになる。フィッシャーの評価が低い
オレ的には驚き。他にいるでしょ

サタディ引退。コルツ不動のセンターが引退。マジ?どうするペイトン

1月18日(水)ボードゲーム会

れおぽん ウインスレット RAMPLING 3人


クリーチャーズ

IMGP3179.jpg
のほほんモンスター?創造ゲーム

抜群の雰囲気をもちながらちょっぴり淡白なゲーム性
ルールも絵の感じのままってトコかな

ALL毒動物の防御もあり戦ってみるまでわからない
攻防が続くがウインスレットの勝利
後半まで数値の高いカードを温存できたのが勝因か?


アルハンブラ

IMGP3181.jpg

IMGP3182.jpg
4種類の紙幣を駆使しながら効率よく宮殿をつくるゲーム

ディパーテッドでうっかり受賞してしまったマーティン・スコセッシな
ごとくリメイク作でゲーム大賞受賞の衝撃作

お金を取る
宮殿タイルを買う
タイル配置     の順番でプレイし
ゲーム中3回訪れる決算ポイントでの得点計算がカギ

ゲームはシンプルな箱庭系で古い作品ながらなんだか最近の
デッキ系ゲームな印象。他人のプレイを眺めるものも
結局は自分の手番で最善手を狙う感じはプレイヤー間の
アクションもすくない感じに徹底されており
「オレのアルハンブラ宮殿ってイカすだろ?」といわずにはいられない
というかそういうしかないゲーム

しかしながらシステムはしっかり確立されており
他人からの露骨な妨害もなく自分のしたいことがだいたいできるので
ひそかにゲームなれしていない人にオススメな感じが好印象
良くも悪くも古きよき時代のゲーム

ゲームはタイルボーナス上位を独占気味なウインスレットと
早くから外壁ボーナスをたたき出していたれおぽん2人の
同点勝利(マジか?)


ブレイブ50

同人ゲーム
IMGP3183.jpg

発電所での水素爆発を防ぐちょっぴりドキドキゲーム

自衛隊員・消防署員・機動隊員・発電所所員など分担しながら
発電所をみんなで守ろう!

基本はできるだけ「何か」に近づいて出来るだけ放水する事がねらい。
ちかずくにはガレキもあるし奥に行くのはちょっと怖いし
なかなか近づけない。しかも作業をするとすぐ退避命令が。
頑張って耐え抜くかとおもったっがあっというまに水が蒸発、
爆発を繰り返し所員全員撤収......。暗っ


メトロポリス

IMGP3189.jpg
30年ぐらい前のゲーム、建築系の元祖っぽい感じ。

毎ラウンド1地区を自分の土地としてもらいながら
特定の大きさや形になると建物が建設できる。
もちろん庁舎やデパートなどは大得点チャンスだし
学校の近くには家やアパート、工場の近くはみんながノーサンキューな
感じでドンドン町並みが賑やかになっていく。
ゲームのキモはなんでもアリの交渉であるにもかかわらず
交渉ルールに致命的な問題を抱えているという問題作でもある

プレイは公園/川沿いという最高の立地条件にデパート建設という
ドリームを成功させたウインスレットの見事なカード運(笑)で
ぶっちぎりの勝利

プレイ中は獲得不可の土地を使っての交渉を不可で
プレイしたんだけどまーこれでいいかな?

このゲームもってる人に質問
獲得不可の立地を手に入れたまま交渉が失敗した場合
土地を手放さないといけないというルール
これってわざと交渉失敗したらただ貰いになるんだけど
どーしたらいいんでしょうか?


ハンザ・テウトニカ

IMGP3192.jpg
ハンザ同盟の交易路を確立することで得点を獲得
特殊能力を得ながら更なるルート確立を目指す商人のゲーム

やれる事は多そうで実はすくなそうなゲーム
これって結局みんなアクション回数増加やその近くの町に
事務所設立が断然有利な気も・・・
プレイのはばが多くありながら優先度の落差が激しいので
なんだかやりたいことの順番があらかた決まっちゃうような。
今日の肩透かしゲーム、ちょっとがっかり。
もしやルール間違いかなあ?要検討
勝者は事前にルールを当然ながら読んできたRAMPLING
なんだかしっくりこない。


脱獄ゲーム

IMGP3193.jpg
箱だけ見ると冷たい料理の熱い戦いな感じのタイプ

正体隠匿系のすごろくゲームで事前に到着順を投票
それを意識しながら7人の囚人の中から毎回誰か3人をえらび
サイコロをふって進ませていく。
遅く到着すれば高得点だが当然着順が当たらないとその点数はもらえない
最後の手段、バックさせるサイコロもあるのでみえみえのプレイも可能

勝者は遅く到着させた囚人を多く投票していたれおぽん


PSYKOTボードゲーム会

サイコットボードゲーム会
1月14日(土)13:00~
佐古コミュニケーションセンターにて

地元TRPGグループ「PSYKOT」のボードゲーム会に参加
参加者は合計7名(見学1名)
おるのん
I君
G君
蒼猫
しゃみぺけぺん
RAMPLING
とりあえず全員ゲーマー

メンバーの集まり具合でTRPGができない時
ボードゲームをプレイしたていた数人がそのままボードゲーム会に。
今回からオープン会ということでお邪魔してきました
ボードゲーム会主催者おるのん君

場所は和室で2テーブルほどプレイできそうな場所
この人数ではまったく問題なし。テーブルを設置してさっそくゲーム

といいたいとこだが13時の時点で何人来るのか不明なのでとりあえず
時間調整できる簡単なゲームから

コルレット

IMGP3170.jpg
こーゆーシチュエーションのとき何処にいってもだいたいこのゲームが
登場する謎のゲーム。シャハト先生の有名タイトル

毎回のごとくの消極的プレイでほぼ最下位
勝者は大胆に攻めたI君


クリーチャーズ

IMGP3171.jpg
見た目で購入を決意したモンスター制作ゲーム
ルールは超カンタンにしたクワークス
3枚のカードをくっつけて数字の高さを競うというもの
写真は時代を席巻した強力クリーチャー「ギラタダ」魚っぽいヤツ
勝者はフランケンシュタイン先生のごとく創造し続けたRAMPLING
カード全交換ルールを忘れていた。I君ゴメン


ここで6人になったので3:3にわかれてプレイ



クゥワークル

IMGP3173.jpg
2011大賞受賞作、製作者が女性、発売は実は数年前等
いろいろと話題が多いゲーム。

木製の分厚いタイルで重量感アリ
荒い言い方をすると7ならべをマークと色に変えた感じ
毎回得点計算するためちょっと手間がかかるし
何回も人の得点を聞いてしまう不憫なプレイ環境が惜しい

ちょっとダウンタイムが長くなるかもしれないが
けっこーオススメできるゲームなのでは?
おるのん・しゃみぺけぺん・RAMPLING
勝者はおるのん君


タケノコ

IMGP3174.jpg

舞台が日本、パンダが竹を食べて題名がタケノコだが
世界の7不思議で一世風靡したザボの最新作といえば
みんなが注目

タイルを置いたり竹を伸ばしたり水路やパンダ移動
勝利点の得方をみるとチッケットトゥライドな感じがする

I君 G君 蒼猫君 勝者不明(聞き損ねた)


プエルトリコ

最近ネットで紹介されてきたコレクターズエディション版
だがプレイヤーでゲームを完全に把握しているのは蒼猫君以外いないので
日本語にしたタイルを使用してしまう
おるのん 蒼猫 しゃみぺけぺん
得点がほとんどギリギリ切迫していたらしいが
またしても勝者を聞き忘れた。


ストーンエイジ

IMGP3176.jpg
サイコロ原始人

道具製作I君のトータルバランスG君をおしのけ
カードを手に入れまくったRAMPLINGの勝利(ごめん)


タケノコ

おるんん君 I君 しゃみぺけぺん
勝者不明


まど☆マギオン

IMGP3177.jpg
やはりみんなきになるこのゲームをプレイ
相変わらずの大人気
G君 青猫君 RAMPLING

マミさんとポッキーはいい感じで4枚出せたが
終盤まで青とピンクがでてこないまま終盤へ突入
プレイ途中補充カードがなくなってしまい手番を進められなくなり
「満点勝利が不可能」が確定する
最後はさっくり終了で100点中64点

原作をしっている人には大ヒット。
いい同人ゲーム。とりあえずとらのあなにて販売中
ちなみに手順がややこしいんでインスト表を制作しているが
プレイを円滑にするには必要と思うのでみんな作ってみてね
まあ慣れたらいらないとかいわれそーだけど。



I君G君が時間のためいなくなったので1テーブル4人プレイ
おるのん君 蒼猫君 しゃみぺけぺん RAMPLING

それはオレの魚だ!

IMGP3178.jpg
最近発売の日本語版だが非常に小さい
値段は安くて箱も小さく携帯性もばっちり
問題は「小さすぎる」事
タイルを取る時、場を動かしてしまう
まさかのトラブル
意味もなく3個もこのゲームを持ってるRAMPLINGの勝利


ストーンエイジ

最後はこのゲームで締め
勝者は蒼猫君


場所は21時まで借りているのだが20時すぎに解散。
帰りの足がないと鳴きついたRAMPLINGを
蒼猫君が救ってくれてる。神様ありがとう。
帰りはずっとアメリカンフットボールの話でもりあがる


参加者のみなさんお疲れ様でした~。


ワイルドカードプレイオフ

シーズンも深まりますます見ごたえのある試合の連続

ワイルドカードプレイオフ 結果

ライオンズ@セインツ

順当な結果。史上初の5000ヤードパサー対決
スタフォードはホントによく投げるなあ
プロボウル選出がカルビン・ジョンソンのみというのが
「やっぱりみんなそう思ってるのか」感あり
成り上がりと本物の違いを見せてセインツ勝利


ファルコンズ@ジャイアンツ

順当な結果。どちらも決定力のない感じのチームだが
シーズン終盤の勢いのままジャイアンツの勝利
コフリンまた生き延びたな。


ベンガルズ@テキサンズ

順当な結果。QB変わってもココまでこれたベンガルズは
お疲れ様。それにしてもテキサンズ、サードQBなのに・・・
ここにきてシステムとしてチームができてるんだろーなあ


スティーラーズ@ブロンコス

衝撃の結果。自他共に認めるド安定チームVS今シーズンもっとも
ハデな成り上がりチーム対決。テーボウがそんなによかったとは
思わなかったが今シーズンはずっと結果オーライな感じ

前回のスーパーボウルでもそーだったかスティーラーズはポラマルを
縦横無尽にセットさせているがその裏を突くようなプレイでハデに
してやられている(しかもそれがとんでもない結果に)
今回の戦犯はCBだがあと一歩の所で取りこぼすスティーラーズは
カバー2的なディフェンスを強いられた場合問題があるのか?



ディビジョナルプレーオフ

セインツ@49ers 面白そうな試合
ハイパーオフェンスVSディフェンズマインド

ジャインツ@パッカーズ
なんとなくたどり着いたコフリンといよいよ本物のパッカーズ
普通に考えればパッカーズだがはたして・・・

テキサンズ@レイブンズ
今シーズンはほぼシーズン成績がそのまま実力な感があるが
コレばっかりはアウェーのテキサンズが勝つんじゃない?

ブロンコス@ペイトリオッツ
成り上がりチームと真の王者対決
夢と現実の戦いが始まる



1月11日(水)ボードゲーム会

れおぽん ウインスレット RAMPLING 3人


大相撲八百長札

IMGP3160.jpg
超レアゲームの同人リメイク作品
1-10までの手札を使って得点カードを手に入れるか
八百長カードを買うか。
通常の得点カードはそのまま得点になるのだが
八百長カードは同カードのみの独自得点計算で上位者は総得点が2倍
手堅くいくかイカサマで点数を2倍にしてしまうか

他人の得点を覚えようと思いつつもまったく解らなくなるので
他人の八百長札の点数のみ覚えてプレイ

話には聞いたことがあったゲームだがこんなにシンプルだとは思わなかった


貴族の時代 メイドパラダイス

IMGP3164.jpg
同人ゲーム
金 メイド 土地 貴族を手に入れ自ら社交界で成り上がろうとするゲーム 

シンプルな感じで軽くプレイできるが得点計算は驚くほどシビアで
所詮世の中金というのを思い知らされるタイプ
箱絵の萌えメイドを期待してプレイするとギャップに驚く

意図的に「マネーゲーム」にしたのか作りの甘さがそうさせたのか不明


シガラミ 

IMGP3165.jpg
日本でもっともレベルの高い同人ゲームクリエイター
ご存知カワサキファクトリーの2011春の作品

自ゴマを配置して実績を貯めそれを幸福(勝利点)に変換して勝利を目指す
ほぼ運の無いアクションポイント制ゲームだが面白いのは勝利点変換のために
能力を捨てなければならない事
勝利点を増やすと特殊能力の恩恵を受けれなくなる。
最近はやりのテキスト系特殊カード地獄なタイプなゲームではない
さらには「手に入れて勝利をめざす」事で現状首位のプレイヤーに
追いつかなくなるご存知「金持ちが金を使って更に金持ちになる」
タイプのゲームを逆手に取ったようなシステムで好印象
ホントここのゲームはちゃんと作ってるなあ

IMGP3166.jpg
同人独自のチープなコンポーネントを何とかすれば普通に売ってても
問題ない感じ っていうか出ないのかなあ?

春は予約してしてなく買えずじまい冬の予約も先着予約で出来なかった所を
現地販売「最後の1個コール」を偶然聞いて購入できた
個人的思いのあるゲーム。


チョコラテル 

IMGP3167.jpg
バッテイング系カカオゲーム
手札を2枚づつ使って6箇所にビット勝者は各場所の特殊能力を得れる
単純でさっくり出来るゲームだが終了条件後の得点計算でボード上に
意味深に45点までしか表示が無いためそれ以上得点を得られるのかで
勝者が不明に。同点時の勝者決定方法がおもろい。

どーでもいいがネットではこのゲーム、くそみそに叩かれているイメージが。


グアテマラカフェ

IMGP3168.jpg

ボードのでかさで定評のあるゲーム
右のボードで人 道 建物 船 を手に入れ左の農園ボードに配置
得点を稼ぐのだが基本、コマ配置と得点計算の2択ゲームで
面白いのは他人が起こした得点計算をキャンセル出来る事。
1人で儲ける不届き者はあっさりキャンセルされる。
キャンセルすればするほど勝利条件の点数が下がってくる事等
安易な得点計算とキャンセルは後でどどーんと困る事になる

非常に逆転が難しいタイプのゲームだが気づいた時にはもう遅い
常に2番手のRAMPLING 単独大量得点のチャンスを
キャンセルされ続けたれおぽんをあっさり引き離し
ウインスレットの勝利
序盤のキャンセル連発を起こし後半の決定的な場面でのキャンセルを
起こせず更にはトップのウインスレットと同じ得点パターンに陥り
抜け出さないまま大敗退。微妙なゲームだが異常に悔しかった(笑)

ゲームには全く使わないのだが雰囲気の為にコーヒー豆が大量に付いており
箱が非常にコーヒーくさい。
茶葉を摘み取るゲーム「ダージリン」になんとなく似てるとふと感じた




マニキ

マニキ 

IMGP3149.jpg

存在価値はもはや可愛さのみといっても過言ではない
早い者勝ち思考型パズル

その名も

マニキ 何度もいうな

IMGP3153.jpg

ゲームはある特定の順番で積まれた動物達を並び替えるための
経緯を誰よりも早く言えた人が勝ちというゲーム

カルカソンヌぐらいの中箱っぽい大きさの中身は

IMGP3150.jpg
ほとんど動物君の入れ物状態
しかも使用スペースは半分以下・・・・



まずはランダムでお題カードを1枚発表
IMGP3157.jpg
ペロリとめくるとこの構成
今の動物君たちはこーなってるから
IMGP3154.jpg
右の青いほうに下から
ライオン
白クマ
ゾウ  の順番に並び替えてください。


「じゃあまずライオンを・・・」
「あっゴメンナサイ、動物君たちに解る言葉でい願いします」
「・・・・・・」

という事で使える言葉は5文字
IMGP3155.jpg

「マ」「ニ」「キ」「ロ」「ソ」

「でお願いします。」

「マ」だと赤い台にいる一番下の動物を一番上に上げる
「ニ」だと両方の台の一番上の動物を入れ替える等

この場合の正解?は
「ロ」「ソ」「ソ」

正解したらお題のタイルをもらえる(1得点扱い)
誰よりも早くロソソ!と叫ぶのだ!!

数回プレイしてポイントの高かった人の勝ち


正直いい大人がプレイするにはシンプルすぎな感もあるけど
カワイイから許す

だってカワイイんだもん(答えになってねーー)

IMGP3159.jpg

ウォーモラッピー

ウォーモラッピー 

IMGP3136.jpg

舌を噛みそうもしくは何だか間違った呼び方のような名前
2人用バランスゲームで手番中に自分のコマを積んでいくのみ
少々時間制限があるもののいたってシンプル
キーウィがキウイを積む感じのビジュアルのイメージか?

IMGP3138.jpg
オール木製というエコ使用

箱はそのままゲームの「タイマー」になる
英語では「MARBLE TIMER」と表記されている、イカすぜ!
IMGP3139.jpg

袋にはオレオクッキーっぽいのがゴロゴロ

IMGP3140.jpg

まずは袋からランダムにキウイディスクを積んでいってゲーム準備

IMGP3147.jpg

IMGP3141.jpg

マーブルタイマーも組み立てて準備おk

ピラミッド制作後「白」か「黒」をきめて
あとはピラミッド状になったオレオクッキーならぬキウイディスクを
下から抜いて上に積んでいくのみ
崩したら負けよ

さてこのゲームの最大のウリとも思われるギミックが
ゲーム自体とはあまりカンケーないというドッキリ設定
それがさっきまで箱だった(今も箱だけど)マーブルタイマー!

頂上からビー玉を落として下に落下するまでに
自分の手番を終了させないとならないのだ(ドキドキ)

ここからビー玉投入
IMGP3142.jpg

転がっていきます
IMGP3143.jpg

もう時間がないよーー
IMGP3146.jpg

終了
IMGP3144.jpg

ちなみに自分の手番中にキウイディスクを積んだ後
すぐさま唯一のライバルのためにビー玉をすぐさま拾って
マーブルタイマーを作動させるのだ!

意外とこのゲーム忙しいけど
なんだか玄関に飾りたくなる可愛さなのである

IMGP3148.jpg

カワイイよね?ね?(今まで理解者ゼロ)

ジョニー・アップルシード

いつの間にかボードゲームにおける木製パーツの人気は高い
カタンとかの街や道の同一パーツならプラスチックより断然人気っぽい
ゲーム中に使うコマの入れ物に木の器を使うなどのこだわりもちらほら
プラスチックのようないかにも人工加工物より自然にやさしい
木製パーツがボードゲームで遊ぶという行為に子供心が揺らされているのであろうか?
そこで一つ思いついた事が

もしかしてボードゲームがもっと木製化すればもっと楽しくなるのではないか?

注:この記事はネタ成分を多分に含まれております。
  取り扱いにはくれぐれもご注意ください。

ここで必要以上に木製パーツを使ったゲームご紹介


タンブリングダイス

IMGP3127.jpg

台から落ちないようにサイコロを弾いて点数を競うゲーム

IMGP3130.jpg


IMGP3131.jpg

順番にサイコロを弾いていくのだが他人のサイコロに
「うっかり」あたってもOKなルール、高得点のサイコロを狙撃!

段々畑になっていて下に転がればそれだけで高得点
ただし台自体からおちると0点なので要注意

IMGP3132.jpg
6点

IMGP3133.jpg
24点

説明1分 プレイは5分のわかりやすゲーム

IMGP3134.jpg

複数個を順番に弾いて合計得点を計算しておしまい。

ただし問題は

IMGP3128.jpg
かたずけるのがパズルみたいなんだよねーコレ


ワイルドカード

シーズンも終わっていよいよ本番なNFL
最終戦が終わりプレイオフチームが確定しました。

ベンガルズVSテキサンズ  すったもんだの末、カーソンパーマー無き
迷えるベンガルズが結果的にはプレイオフに登場
対するテキサンズはハイパーオフェンスといわれながら脆弱なディフェンスのせいで
毎年プレイオフを逃し続けたチーム、今年はHCとしては微妙だった
ウェイドフィリップスがまさかの再構築に大成功、ネタさえあればなんとかなる
オフェンストは違いディフェンスはタイヘンそうなのにあっさり成績アップ
それにしても全体30位から2位はすごすぎる。
DCとしては認められてる事はあるが凄すぎる。

普通に考えるとテキサンズなんだろーけどどーだろ。


ライオンズVSセインツ   メガトロン効果(スタッフォード効果とは
あえて言わず)で久しぶりのプレイオフ。プレイオフでも魅せれるか
対してセインツは年間パス記録を更新したブリーズ率いる高安定チーム

これまた普通に考えるとセインツなんだろーなー


ファルコンズVSジャイアンツ  しれーーとプレイオフの2チーム
気づけばココまで到達した。 ワイルドカード中もっともどーでもよさそうな
カード。勝ってもデイビジョナルで消えそうな雰囲気
それにしてもコフリンはなんだかんだ言ってクビにならないなあ


スティーラーズVSブロンコス ワイルドカード中注目カード
ド安定スティーラーズとカレッジフットボールでココまで到達ブロンコス
普通に考えたらスティーラーズなんだろーけど、どうでしょ?
ブロンコスは終盤走れないシチュエーションで投げれないという典型的な
パターンに陥っているように感じる。まさかは起こせるか?


シーズンオフなチーム

ビルズ  最初は注目されたものの持続できず..プレイオフにもっともごぶさたチームに
ジェッツ まさかの敗退。期待しただけにみんなのガッカリは計り知れない
コルツ  チームがもはや昨日していないことを証明。もうだめだなココ
レイダース おしい~~おしい~~ いえるのはこれだけ
チャージャーズ なんでコレでノーブターナー続投なんだ?ショッテンハイマーは
     すぐカットしたくせに!(オレ毎年このネタ言ってる)
カウボーイズ やっぱりロモじゃあだめだよね
イーグルス このメンツでディフェンスできないとなるとそりゃ問題でしょ
レッドスキンズ 頼むスタイナー!クビにさせないでくれ~~

日曜からのプレイオフが楽しみです


オットー&ハーマン

IMGP3120.jpg
オットー&ハーマン

同人ゲーム   キャット&チョコレート型東部戦線ゲーム

同人ゲームで一斉風靡したコミュニケーションゲーム
「キャット&チョコレート」を軍事オタ向けにしたゲーム

第2次世界大戦でのドイツVSロシアのドイツ側の苦悩を表現した
といえば聞こえはいいが戦時中独自のピンチをテキトーな言い訳で
切り抜ける事を目的とした軍事&ゲーム&しゃべれる人限定という
狭き関門を抜けることが出来る人のみ楽しめるタイプ

全員ドイツ軍という設定だが相互関係はなし
基本ソロプレイなのだが判定は人にしてもらう

手番がくるとランダムでお題カードを決めて言い訳をする

お題カード

IMGP3121.jpg

じゃあコレ

IMGP3122.jpg
っとなると手札のアイテムカードを任意の枚数使って
切り抜けなくてはならない。

はたして戦車の運命は?

IMGP3123.jpg

手札の使用枚数は任意(使用後カードは破棄するが補充できます)
考える制限時間は20秒(イワンは待ってくれません)

「戦闘中にエンジンに被弾、動けなくなってしまいもう終わりかと
思ったところに援軍が到着(4号戦車カード使用)猛攻な働きのこの戦車
にはなんとあのマークが(幸福を呼ぶサイン使用)オレの戦車を守ってくれる
どころか戦地挽回な雰囲気、さらに到着した部隊から退却許可証が
(退却許可証使用)こうして無事に戦地から離脱することが出来た」

みたいにカードを使いながら言い訳していく
この言い訳に対し他のプレイヤーから○×で判定をしてもらう
その後サイコロでの判定もあるところが猫チョコと違うところ

こうやって順番に言い訳していって成功した言い訳カードを増やしていく
適当回数みんなで言い訳した後東部戦線後自分がどうなったか判定する
当然ながらうまくいった人ほどいい「その後」が約束されていく


戦場での活躍は伝説として残り極東の模型雑誌で劇画化、名声は不動のものに

祖国防衛の任に就き名誉の戦死死後受勲と特進

東部戦線の土となる

軍機違反で懲罰大隊、地雷処理中に死亡

などなどきまり終了
最後は軍事ネタトークとなる非常にハードルが高いゲーム

エンダーのゲーム

最近ふとゲームの手順が多いゲームをプレイする事が増えてきたと思い
インスト時にインスト表を用意する事が多くなってきた。
初プレイ2時間以上も珍しいことではなくインストに掛ける
時間や労力も増えてきた

説明のしかたで伝えれる事も本来の意味も変わってしまい
個人的にはゲームの前にゲーム的な感覚に陥っている

ここで確実なインスト方法を・・というほど簡単にインストが
出来たことが無いのでなんともいえないが最近注意してしている事が

インスト表を作るということである 何度も同じ事いってスイマセン

長ったらしくいろいろ書くのもなんなのではっきり言ってしまうと
話しただけでは覚えられないからである。
あったほうが便利なのは間違いない
でも意外と見かけないのがお手製のインスト表である(何度も言うな)
せっかく高い値段で長時間ゲームするのに
「あ~なるほどね」な感じで消費文化な感じがイヤなだけだろとか
面白そうなゲームがなんとなくプレイされておつかれさ~んな感じで
次のゲームってのがもったいない

もしかしてちゃんとインストできてればもっと面白かったかも
最近よく感じる事なのである

ゲーマーゲーム向けのインストも必要だがライトゲーム向けの
インスト表も同様に準備を心がけている
カルカソンヌでいうと
道 1タイル 1点 完成するとコマは回収とか
手順は
①タイル引く 
②タイル配置 
③コマをおく(任意)
④得点計算(得点発生時)
⑤コマ回収(得点発生時)

特に非ゲーマーとゲームをする時は要注意
今回はゲームやっても次ゲームやる時に
「よくわかんないからやらない」とか言われるのを恐れての行為なのだが

ゲーム前からゲームは始まっている
ゲームじゃないとこからゲームは始まっている
と心がけるようにしているのだがついついめんどくさいから(最悪)
なかなかできないんだよね~

盆正月に連れとゲームしようぜ~と持ちかけるたびに
フト考えてしまうのである

インストの極意募集中

HOME

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
プロフィール

RAMPLING

Author:RAMPLING
のんびり趣味を書き連ねる
ダラダラブログです。
最近はあまり眠れない

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。