「世界を回して」 シャーロットの贈り物

05月≪ 06月/123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

リメイク・リブート

この間テレビで映画「スリーデイズ」をみた(注!ネタバレあり)
日付がつく映画はやたら多くどれがどれやらよくわからなくなるが
ラッセルクロウがでているアクション物?である
殺人の犯人としてつかまってしまった奥さんをダンナのラッセル(ファーストネームで呼ぶが友達ではない)が
脱獄させちゃう映画である
この映画実はフランス映画「すべて彼女のために」のリメイクである
うまい具合に過去に見ていたので違いを楽しみながら見れた
(話の展開やラストはいっしょ)
気になったのはヨーロッパ映画のリメイク方法である
はっきりいえばアメリカ映画としてリメイクされるとかなりわかりやすくなっているなあっと
よくいえばエンターテイメント向上なのだが悪く言えば元の映画のいいトコを
塗りつぶしているような・・・・

思ったのはラストシーンのわかりやすさ
ラッセルアメリカ版は非常にわかりやすい終わり方
フランス版はヨーロッパ映画らしい?ふわっとした終わり方


ちなみに2つの映画の差で一番面白かったのは
逃げるシーン。フランス版ではヨーロッパ事情?的にか車のシェアシステムを
利用して旅行中の家族として移動するのだが
アメリカ版ではただただ赤信号無視!(ぷぷぷ)
これには笑った

いろんなリメイク映画あるけど
リメイクが面白かった映画なんかあったかなあ

シビル・ウォー キャプテンアメリカ

アヴェンジャーズの活動を
国連管轄にするかなどとの問題でキャップとトニースタークが対立
アヴェンジャーズが分裂する話

まあ話はいつもどーりな感じでとくにいう事はない
映画をみながら考えていたのは映画のアクションシーンの見難さ だ
最近の映画のアクションシーンはやたらとカットやパンを多用するため
何が写っているのか何が起きてるのかよくわからない
見ながらとりあえず感覚に訴えるといえば聞こえはいいが
見てるときはいいが見終わると何を見ていたのかよくわかんない
特に今回考えていたのは攻撃する&されるとそのそのエネルギー?
慣性みたいなもの?のまま画面が流れるのが多くみてるとつらかった

昔の映画のアクションシーンなどはカメラが止まって撮影していたので
何が起きてるのかよくわかったんだけど
最近はアップになったりカットしたり流れたり
雰囲気でるのはいいけど吐きそうになる(笑)


シビルウォーをみての感想

映画の前にエンドクレジットの後に映像があります
とかテロップがでるけどアレいらない

最後のオマケがだんだん面白くなくなってきた

メイおばさん反則(笑)

レヴェナント

ディカプリオと何とかいう監督がオスカーを取った映画
1800年代初頭のアメリカでの話
仲間に放置されたとかの復讐の為インディアンに追われながら
(政治的にはネイティブアメリカンとかいわないといけないのか?)
サバイバル生活をする話

なんか展開が速い時と遅いときが極端でちょっと疲れる
話はドンドン進むがディカプリオ自体のサバイバルシーンには時間をかけているから
かなあ?

静かな映画なので昔の西部劇&ロードムービーみたいな感じ
風景きれいなんだからもっと映したらいいのに。

まあ普通の映画だったかな。

これでアカデミー賞かあ

ディカブリオもイケメンキャラばっかりじゃなくて
こーゆー泥臭いキャラも出来るようになったご褒美受賞かな

賞には興味ないがなんだかポールニューマンが
ハスラー2で受賞してしまったのを思い出した

MARTIAN

体がバラバラ心もバラバラ
深刻な状況の仕事な中
癒しを求め仕事帰りに映画を無理やりみてきました

ガールズ&パ と書きたかったのですが
内容書くのはNGな人が身近にいたので今回は
火星に取り残されたマットデイモンな映画
「オデッセイ」です

正直微妙でした
予告編の2時間版な感じ
映像独自の流れの速さがアダになっているのか
すごさがよく伝わらないまま話がどんどん進んでしまうので
あれよあれよというまに話が終わってしまいます

映像では見せる事で説明を飛ばせるので
マットデイモンのやっていることの困難さがあまり伝わらなかった
小説読んでからみるんだった
こうゆうのはやっぱり文章説明があったほうが楽しそう


邦題の「オデッセイ」って誰が考えたんだろう

映画で癒されたかったが
癒されなかった

スターウォーズ

ちょっと前によーやくみました
まあ思い出の映画なのでもはや文句いっちゃーいけない映画
正直ぜんぜん面白くなかった

一番の驚きは最初の配給会社のロゴがほぼ無かった事
あれ?ディズニーマークがでてこないぞ?
ルーカスフィルムだけだった

昔はハンソロにみえたけど今見たらハリソンフォードにしかみえない
変な言い方だけど そう思ってしまった

ターミネーター ジェニシス

なんだかんだとシュワルチェネッガー最後の弾
ターミネーターの新作

見に行く前に1を見なおした
1をみている人なら懐かしいシーンもあり
ファンサービスもあった  が
シリーズでもっとも面白くなかった
個人的には3が一番評価が低かったが
ぶっちぎりの高評価で?最下位認定
とにかくひどかった

以降ネタバレあり

続きを読む »

HOME →次ページ

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
プロフィール

RAMPLING

Author:RAMPLING
のんびり趣味を書き連ねる
ダラダラブログです。
最近はあまり眠れない

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード
リンク