「世界を回して」 シャーロットの贈り物

05月≪ 06月/123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

プレシーズン始まる

NFLもいよいよ本番?(まだだけど)
プレシーズン試合で早速骨折!とか聞くと
毎年これはおもうのだがプレシーズンって興行的な意味あい以上に
必要なのかなあ?と思ってしまう
どーせ試合数少ないし よーいドン な感じがアメフトの醍醐味と
思うんだけどなあ~

まープレシーズンがなくなることもないだろうから
どーすることもできないけど。

ブレイディが公聴会とかでてるけど出場禁止はかわらんだろーなー


ランニングバックは花形職業です

もうすぐ開幕のNFLだがウワサ話には事欠かないこの世界
ポラマルの引退やらピエールポールの指切断
始まってもいないのにもう始まっているのがNFLだ

個人的に気になるのはエイドリアンピーターソンだ
実は隠れてもう1人の問題もあるのだが後にまわす

さて我らがピーターソンだがご存知の通り息子に虐待した罪で只今保釈中
しかしシーズンオフには契約更新でまさかの給料アップ
実刑をくらえば2年ぐらいらしいのだが。
いちおー今シーズンでるらしいのだがなんかおかしい気がする

もっと軽度の罪で出ていない者も多いのにまだ事件が解決していない者の
出場とは。。。
しかもアメリカ人が表面上もっともきらう罪、児童虐待である
個人的には裁判も含め全て解決するまで出場するべきではないのでは?
でもスーパースターだからみんな過去の事(現在進行形なのだが)に
したいのか。
とりあえず出場は間違いないだろう。

あと気になるのはピーターソンに隠れてしまって目立たないが
こちらもスーパースター レイ・ライス
奥さんとケンカしてワンパンノックダウンさせた罪で
出場禁止どころか業界追放な流れ
いまは出場を目指して奥さんとロビー活動中である
(いちおー奥さんとは仲直りしたフリ?)
ちなみにこのワンパンノックダウン(正確には2発)は防犯カメラに移っていたのが
全米無料上映中である

大人とのケンカの末の暴行者は永久追放?で
子供をベルトで殴りまくった男は給料アップで出場予定

どちらも悪いのだが
いったいこの世界はどうなってしまっているのか?

あのプレイを語ろう

最後まで盛り上がったスーパーボウルが劇的な結果に終わったが
なんだかなんだと盛り上がる話

最後のインターセプトである

ネットをみたりすると やれありゃパスだめだろ  とか
そりゃないぜ  とかいろいろみんな書いている

個人的には結果論的にみると明らかにランだろ
とかいうのもカンタンだ  あの結果は最悪だったので
文句も言いたくなるよね

あのプレイを見たときビックリしたことがあった
みんながいうところの「なんでパス?しかもインターセプトかよ!!」
ではなく
「パスがきた!しかしインターセプト」
なんかおんなじような表現だけど。

素人全員がひらめくような鉄板プレイをあえてせず
パスを選択それがバレてニューイングランドの若造にパスを取られてしまうのである
すなわち誰もしないと思ったプレイをしたにも係わらず
失敗ではなくさらにバレてインターセプトが起きたという所

試合後の特番とか見ると
インターセプトが起きた後ウイルソンがコーチに「なんでパス?」と
プレイコールの文句言いにいってる映像が

ラインバッカー以降のバックス陣のプレイコールはどの程度徹底されているのか
しかもそれを変える裁量をどこまで許容されているのか
ニューイングランド側ではいったい誰が一番してやったり顔しているのか
よくわからなかった

なのでこの問題のプレイ
なんでパスなんだよ?というオフェンスコールが問題ではない
(結果からみると失敗問題になったけど)
このだれもが思わなかったプレイにも係わらずインターセプトという
最高の結果をのこしたディフェンスの成功問題なのでは
と思うのだけど
言葉のアヤ  みたいなこといっちゃってるだけかな?おれ

オレ的NFLの不思議

スーパーボウル後の後始末として
チーム再編が早くも始まっている
選手はまだドラフトがまだだからこれからだろうけど
コーチ陣はさっそく取替えっこがはじまった

個人的にはピッツバーグのルボウが
アシスタントHCというナゾポジションとなるため
しかもネネシータイタンズ?どこよそれ?え?
マーシャルフォークいたとこ?

あとはキュービアックがトーゼンながら昇格したとかだけど
いつもきになる2人がいる
1人はテキサンズのデフェンス等近年最高のディフェンス職人と
オレが勝手に思っているフィリップス
ちなみにフィリップスはヘッドコーチとしては全く成功していないってのが
なんか笑える
もう1人はパーセルズの秘蔵っ子だった男が秘蔵っ子にしている
オフェンスの天才  とチョット前まで言われていた元天才
マクダニエル  である

この2人ビックリするぐらいの結果(成績もそーだけど)をだしながら
異常なほど毎年コーチの声がかからない
何故なんだろう

過去の勝利を知っているのは実は2人だけ

とうとう勝った
ファンではないが勝ってもいいチームがようやく勝った

ロンバルディトロフィをやたらゆっくり運ぶ
スーパーのレジ係の男がやたら嬉しそう
この感激の瞬間に毎回「おまえ誰だよ?」みたいなやつが
トロフィを触って毎年のようにやたらと腹がたった


スーパーボウル前

負けた試合に勝って出場シアトルと
王朝健在 ニューイングランドの新旧強豪チームの一戦

失点 喪失ヤード 全て1位という近年にない恐ろしいほどの
ディフェンスを軸に戦うシアトルシーホークス
意外とウイルソンがQBとして地味にいい感じというのが拍車を
駆けている
僕アスリートなんだよ~的なキャパニックやキャムニュートンとは
一味違うぜ (まあ隠し味程度とは思うけど)
あのグリーンベイにまさかの大逆転にテンション上がりまくりの
ガム噛み職人ピートキャロルに死角はあるのか?

対してここ10年どころかもしかして史上最高のチームなのでは
誰もが思わせるブレイディ&ベリチック王朝
スパイ疑惑、空気圧などなんのその
この2人組のすごさはだれもがわかっている

世間的にはどーかしらないが個人的にはペイトリオッツだろ!
と言いたいトコロだが
対戦相手は実質データ上近年最強のシアトル

楽しみだなあ~








ケイティペリーが

HOME →次ページ

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
プロフィール

RAMPLING

Author:RAMPLING
のんびり趣味を書き連ねる
ダラダラブログです。
最近はあまり眠れない

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード
リンク